1. HOME
  2. オンラインショップ
  3. コンバージョンレンズ
  4. 【イノン】水中クローズアップレンズ UCL-67 M67
【イノン】水中クローズアップレンズ UCL-67 M67
コンバージョンレンズ
希望小売価格
¥39,800(税別)
アンサー価格
¥37,810(税別)
超高倍率+15 周辺まで高画質 余裕の撮影距離

焦点距離60mm~100mmのフルサイズ用マクロレンズに最適化し、超高倍率でありながら高画質とライティングしやすい長いワーキングディスタンスを実現した、水中専用設計のクローズアップレンズです。一眼レフだけでなく、ミラーレスやコンパクトのデジタルカメラにも対応します。


 


■対応レンズ
フルサイズ用60mm~100mmクラスのマクロレンズ (*1)
APS-C用40~60mmクラスのマクロレンズ (*1)
マイクロフォーサーズ用45mm~60mmクラスのマクロレンズ (*1)、標準ズームレンズ (*2)
光学ズーム倍率が5倍程度までのコンパクトデジタルカメラ (*2)



 


(*1) カメラのレンズとポートの防水ガラスの距離や、本レンズとポートの取付距離が極端に離れているハウジングシステムでは、ケラレが生じる場合があります。


(*2) 焦点距離が35mmフィルム換算で、60~100mm近辺のズーム域で使用可能です。これよりワイド側のズーム域ではケラレが生じ、逆にズームテレ側では、画質が大きく低下します。




●水中焦点距離は67mm(+15ディオプター)の超高倍率。フルサイズ用100mmクラスのマクロレンズ使用時、最短距離での最大撮影倍率は2.76倍(面積比7.65倍)。(*3)

●高倍率でありながら、従来にはない長いワーキングディスタンスを確保。フルサイズ用100mmクラスのマクロレンズ使用時、最短撮影距離でのワーキングディスタンスは、本レンズの被写体側レンズ面より52mm(ハウジングポート面より83.4mm)。(*3)

コンパクトな外径と相まって、最短撮影距離でも、ストロボやライトの光を被写体全体に回す。

(*3) AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED装着時。

●レンズ構成は3群4枚。高屈折率ガラスを使用することで、カメラレンズが大口径なフルサイズ用マクロレンズに対応し、超高倍率/高画質でありながらも、小型化を実現。

●レンズには、色収差の低減に効果的なアクロマートレンズを採用し、レンズ全面に減反射コーティングを施して、光学系全体においてフレア/ゴーストを低減しています。また、水中専用設計とすることで、フォーカス全域において各収差を良好に補正し、最短から最長まで全撮影距離での高画質を追求しました。(*4)

(*4) 本製品は水中専用設計です。陸上では倍率低下や画面周辺の歪み、ケラレ等が発生します。

●レンズの外周にあるネジ部へ、別売オプション「レンズアダプターリング for UCL-67」をねじ込むことで、イノンM67クローズアップレンズ「UCL-165M67」/「UCL-330」が増設可能。さらなる高倍率撮影にも対応します。(*5)
(*5) より高倍率なイノン M67クローズアップレンズ「UCL-100M67」、または本レンズ「UCL-67 M67」は、画質低下が顕著なため、増設に対応していません。

●取り付け部規格には、汎用性の高いねじ込み式の「M67マウント」と同じ取り付けねじを採用。

●マウント部を、別売オプション「フリップ用M67ネジ環セット for UCL-67」へ交換することで、Nauticam社等のフリップへ、奥に挿し込んだ(ポートの防水ガラスに近づけた)状態で、レンズ本体を取り付け可能となります。(*6) (*7)

(*6) SAGA社等の、フリップ内径がφ57mm以下の小径なフリップには取り付けできません。

(*7) お客様ご自身で、精密ドライバーを使ってマウント部の小ねじを緩め、マウントを取り外すことで交換が可能です。






 





備考

【クローズアップレンズをご利用の際の一般的な注意】



* 使用ハウジング、撮影距離、画角等の撮影条件によっては、内蔵フラッシュ光がケラレます。よりきれいに撮影するには、外部ストロボやライトの併用をお勧めします。



*クローズアップレンズは、ズームテレ端で最大倍率が得られます。



*一般に、クローズアップレンズは、カメラの最短撮影距離を短く(マスターレンズとの合成焦点距離を短く)する為の物です。本製品を取り付ける事により、被写体に更に接近し、拡大して撮ることができる反面、ズーム位置や絞り値によっては、遠方の被写体にピントを合わせることができなくなります。



*クローズアップレンズを複数重ねてご使用の場合、ズームワイド側でケラレが生じる場合があります。また、複数重ねるに従い、最短撮影距離が短くなり、ピントを合わせられる距離が狭くなります。